会社紹介
 
《マイカシミヤ》とは

とろけるカシミヤ・ニットの肌ざわりが幸せをもたらすテディベアのお店《マイカシミヤ》

ふわふわ、ポニョポニョ・・・、癒し系。
ちょっと贅沢な100%カシミヤ・ニットのぬいぐるみ。
ぬくもりとぬめりと優しさが、絆を結び幸せをもたらします♪
たかがテディベア、されどカシミヤ!
自ら癒されています・・・(笑)。 いやしはカシミヤ・・・(苦笑)。

このカシミヤの癒しを大好きなあのヒトにプレゼントしませんか?
お誕生日やクリスマスのプレゼントとして喜ばれますよ。
ご入院の方へのお見舞いにもお役にたちます。匂いのするお花や食べ物はNGなことが多いですから。
入院した同級生のお見舞いに、パパポーラーを連れていったことがあります。
「癒し系」と説明しましたが、「何で俺にテディベアなの?!」と、彼は怪訝な反応でした・・・。
しかしながら、病室を後にする頃にはポーラーベアを手放せなくなり、ポニョポニョつまみながら抱いていました♪
余談ですが、《マイカシミヤ》にとって、プレゼント用のご注文が一番忙しい日はいつだと思いますか?
当然クリスマスだと思っていたら、意外にも違うんです・・・。
バレンタインにちなんで ハート型のクッションを作りましたが、バレンタインデーでもありませんでした・・・。
ちょっと意外なんですが、ホワイトデーなんです!
バレンタインデーは女性が男性にコクハクする日のようですが、チョコレートはもちろんのこと女性は手作りで美味しいものを作ったり、アイデアが豊富でしょうからね。
一方、男性は、あまりアイデアが浮かばないようです・・・(苦笑)。ホワイトチョコ以外といえば、ジュエリーとかブランド品とか予算オーバーになりがちですし・・・(汗)。
カシミヤの白いポーラーベアなら、ちょっぴり贅沢でお洒落。嫌いなヒトは皆無だし、ホワイトデーにピッタリということでしょう♪ たまたまウケて驚いた話なのですが、想定外の「需要」が生まれると嬉しいものです!
足の裏にオリジナル刺しゅうを施したベアは、世界にひとつのプレゼントとして活躍しています。
オバサマがひとつひとつ丹念に心を込めた手刺しゅうです。
出産のお祝いとして、赤ちゃんのお名前と生年月日を刺しゅうしたり、体重を刺しゅうしたり。
結婚のお祝いに、新郎・新婦のお名前と結婚日を刺しゅうしたり、ウェディングベアとしてもご利用頂けますよ。
もちろんご自分へのご褒美に・・・、この柔らかさ、この肌ざわり、癒されるんですよぉ♪
ご自分用にとご注文頂く時はある意味、一番光栄です。
この機会に、優しいカシミヤの肌ざわりのコピーヌで癒されてみませんか?

カシミヤとのなれそめ

カシミヤ・ベアのサンプルが届き、肌ざわりを確認するために抱きしめていたら、子供たちにバカにされました・・・!
軽蔑の視線に、ヤバッと一瞬ひるみ、説明の言葉も出ませんでした・・・。
何も言わずに、カシミヤのコピーヌを手渡しました。
そして、その柔らかい肌ざわりに触れた子供たちは、ニコニコ微笑ながらキャッキャッ騒ぎ始めたのです。
これいけるかも・・・と、自信を持った瞬間でもありました!
カシミヤはデラックスなファッションの代名詞。ヤギの産毛が原料で、ご存知のとおり希少価値の高い高級繊維です。
なにゆえ風合いも値段も格別なのか、大変興味を持ったものです。
私の幼い頃より、母のデザイナー森英恵はカシミヤを愛用していて、母の温かいぬくもりとカシミヤの優しさが重なります。ウールとは比べものにならない軽さと肌ざわりのよさは幼い私にも分かり、その時の感触は今でも覚えています。母は海外出張も多く、寂しい時にはカシミヤのぬくもりを思い出したものです。
カシミヤ・ニットに長年携わる中で、「カシミヤのぬいぐるみがあったら可愛くて抱きしめたくなるだろうなぁ〜。癒されるだろうなぁ〜」と、ふとひらめきました。
100%カシミヤのベアに触れたことはありますか?
可愛いテディベアは世の中にたくさんありますが、カシミヤ・ニットでできたやわらか〜い癒し系ベアはありそうで、そうありません。「《マイカシミヤ》コピーヌ」は飾って眺めるだけでなく、思わず抱きしめたくなる、ぬいぐるみのコレクションです。
赤ちゃんからおばあちゃんまで、幅広い層のファンから支持を受けて嬉しい限りですが、このとろける肌ざわりの《マイカシミヤ》コピーヌをキュートなお友だちとして可愛がって頂ければ嬉しいです。
《マイカシミヤ》、即ち「私のカシミヤ」というブランド名はパーソナルな価値観を大事にしたいというニュアンスを込めており、ニックネームの「コピーヌ」とはフランス語で「仲間」という意味です。

《マイカシミヤ》のコピーヌはすべてオリジナル・デザインです。そして、紡績、ニット編みたて、ぬいぐるみ縫製まで3つの下請工場を直接用いて生産管理することにより、高品質とリーズナブルなプライスを実現させました。

2000年アメリカで会社設立、2002年日本上陸、2019年令和と共に軽井沢店オープン♪

☆私たち《マイカシミヤ》は、オリジナル・デザインのカシミヤ・ニットやパシミーナを生産販売する eコマース・カンパニーとして、 2000年にアメリカで会社を立ち上げました。
CNN の起業家インタビュー「Entrepreneurs Only」やCNBCの情報番組「Watch and Make Money」でも紹介され、嬉しい反響を頂きました!
☆2002年、『家庭画報』誌2月号のショッピングサロンやDCカード『The Card』3月号に取り上げられて、日本初上陸を果たしました。
☆同年4月に《マイカシミヤ》のホームページが楽天市場にオープンして、本格的な日本でのスタートとなりました。
☆2010年5月、楽天市場から独自ドメインのホームページへ移行しました。
☆2019年5月1日、令和と共に軽井沢に直営店をオープンしました。「軽井沢カシミヤ・ライフスタイル」を提唱しています。

会社紹介

ショップ名称
《マイカシミヤ》・《MyCashmere》
HP
www.mycashmere.com/
スマートフォン用HP
www.mycashmere.com/smartphone/
モバイル用HP
www.mycashmere.com/mobile/
所在地
〒389-0102長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢899-28
株式会社マイカシミヤ 軽井沢店
tel./fax.
0267-31-0468
e-mail
contact@mycashmere.com

ご連絡はなるべくメールかFAXでお願い致します。留守電の場合はメッセージを残してください。価格の上積みにつながる経費は極力抑えるためにも少数精鋭で営業しておりますので、ご理解頂けますよう宜しくお願い致します。

最高級品質のカシミア100%使用

《マイカシミヤ》のコピーヌ達は最高級のカシミヤ素材を使用し、手間暇をかけて製作しています。
通常のぬいぐるみは毛皮布帛をメートル単位で購入して、ぬいぐるみ工場で縫製が可能ですが、高価なカシミヤ・ニットはワタ状態の原料を手配し、

  1. 紡績
  2. ニット編みたて
  3. ぬいぐるみ縫製

と、3つのステップを要するため、非常に手間がかかっています。
また使用しているカシミヤは、品質管理を担当する現地スタッフを中国上海に置き、内モンゴル自治区で手配した世界最高級品質のもの。
フワフワでトロけるカシミヤの肌ざわりをぜひ、ご自身の肌で感じてください。

  • 染色機械
  • 紡績機械
  • 編みたて機械
  • ぬいぐるみ工場
  • ピンセットを使い小さなピースの縫い合わせ
  • >仕上げは熟練スタッフが息を吹き込む